印鑑とサイン

イメージ画像

なぜ印鑑は必要なのでしょうか。
印鑑とは、自分の分身であることは確かですよね。
契約する時に自分である証明だったりするわけです。
ではなぜサインではいけないのでしょうか。

サインも自分の意思を表すものですよね。
契約する時にはサインでも可能な場合もあります。
アメリカでは印鑑文化がないので、なんでもサインですよね。
でも日本では、印鑑とサインなら、印鑑の効力のほうが上なのです。
それは、印鑑登録というシステムと関係があるのかもしれません。
特に日本は形式ばったものが好きな傾向があり、また、他の国の真似をし、それを発展させるのが得意な国です。 その需要にぴったりだったのかもしれませんね。

印鑑登録とは、自分の分身を証明する一つの証拠になるのです。
たとえば、この契約は間違いなく自分が行ったという、確実な証拠になるのです。
また契約なんていうものは、間違ってするすると大変なことになります。
そこで実印なんかは印鑑登録をすることにより、他人が悪用して使用しようとするのを防ぐ意味合いもあるのです。

銀行印でも同じです。
ただし、銀行印はお役所に登録するわけではないので、自己管理が必要になりますね。
防犯面での注意では、偽造されにくいように作る。
認め印を用いて、銀行印は銀行関連でしか使用しない。
そんな徹底的な防御が必要になります。
普通の印鑑とは別に、銀行印という役割で一つ印鑑があった方がいいと思います。



このページの先頭へ