種類の違い

イメージ画像

印鑑の種類は、個人印では3種類があります。
なぜ種類も分かれて存在しているのでしょうか。
まず種類ですが「実印」「銀行印」「認め印」とあります。

実印は大きな不動産の取得や遺産相続なんかに使う、大きな意味のあるものです。
とくに、実印として登録する必要があり、印鑑証明というものを取得する必要があります。とても公的な意味のある印鑑です。
銀行印は銀行に届け出ている印鑑のことで、銀行では大きな意味があります。その印鑑で口座を作り、預金する際に使用するなど、金融関係での「自分自身」なのです。
認め印になると、もう少しそのレベルが下がるような気がしますが、やはり契約時に使用するなどしますので、その効力は実印とさして変わりはないのです。

このようにその用途で違いがあります。
用途での違いが、まず種類の違いであると思います。
そしてその用途には大きな差があり、悪用されれば自分の生活が脅かされる場合もあるのです。
実印がもっとも悪用されてはいけないので、役所への登録が必要なのでしょう。登録した時に取得する、「印鑑証明」がなければ実印の効力はありません。
このひと手間が、自分の生活を守ることになるのです。
同じように銀行印も悪用されれば、預金を引き出されるなどの被害が出るわけです。この時に認め印と同じ印鑑では、防犯面上よくないわけです。
というように、違いには必要性があってのことだということがお分かりいただけたと思います。



このページの先頭へ