印鑑

イメージ画像

防犯上、印鑑は数種類必要かと考えられます。
その必要性から、銀行印や実印と用途別に分けられているかと思います。
では、その「防犯面の強化」に必要なのは何でしょうか?
それはそもそもの作りだと思うのです。
用途別に必要に応じて、違いを設ける必要があるのではないでしょうか。
それに適しているのが、そもそも印鑑に彫られる文字だと思うのです。

一般的にお店に売ってある既製品は、機械で彫られた、同じものがたくさんある印鑑です。
これでは防犯の意味はありません。同じものを買えるのですから。
だからこそ、自分の印鑑はしっかりと作る必要があるのです。
銀行印という特性上、真似されない、読みにくい文字が必要になります。
そこでうってつけなのが、印相体という書体です。
またの名を吉相印といい、その名の由来は、悪用されにくいというところからきているとか。

また、開運印鑑にも使われる書体なので、とっても縁起がいいものなんだそうです。
いい銀行印ともなると、やはり何が書いてあるのか分からないくらいがちょうどいいですよね。
もうひとつが篆書体(てんしょたい)。こちらも解読は難しいです。
そしてこの書体は、石に初めて刻ったものという由緒あるものなんです。
この二つは、どちらとも中国ゆかりの文字です。
文字も日本語らしからぬものなので、これは最高の防犯強化対策と言えましょう。
印鑑と銀行印が必要なのは、こういった生活の中のことなのでしょうね。

このページの先頭へ